2016年7月14日木曜日

三越伊勢丹通信販売のTV東京演出、アマゾンのミルク・おむつ宅配




弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT



経済再生の要めは、10兆円財政投資よりも、経済構造の革新が重要と考えるが、すでに対生活者物流においては、リアル店舗に勝る機能説明・操作解説・デザイン選択などの多様多元性、そして何よりもコスト優位性において、ネット活用の宅配システムが、経済構造革新に先駆する観がある。例えばTV東京で久しく、ジャパネットたかたのテレト演出が拡販し続け、その社長交代を契機とする要員の若返りは、演出を画期的に革新して、益々拡販の模様である。なお創業者・先代社長も、TV東京のカンブリア宮殿に招かれ、地域価値の発掘に貢献している。同じTV東京の0120-18-4141コールのTV販売も、電子機器の特徴・操作法の解説が店頭よりも遥かに懇切入念に出来、美容・健康・衣装についても店頭人員不足を遥かに凌駕する優位性が見られる。上記コールの主体は三越伊勢丹販売と、別途表示されるが、エムアイデリの食品宅配と共に、その発展は流通の経済構造革新を起動すると考える。日経WBSは一方、アマゾンの家庭浸透を報じ、幼児のミルクやおむつの頻繁な宅配と「御用聞き」的な宅配員の親切が大好評と評価しているが、書籍関連のサービスも廉価・合理的であり、アマゾンが更に、上記・三越伊勢丹販売のネット活況と連携する場合には、経済構造革新ともいうべき、大変容をもたらすことは必至である。

佐成重範弁理士所見→上記三越伊勢丹販売の、TV東京演出を先ず、考察・学習すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム