2016年6月30日木曜日

中国文化知財の歴史的巨大とその現代意義




弁理士 佐成 重範 Google/Yahoo検索 SANARI PATENT


       http://plaza.rakuten.co.jp/manepat 

減速しているとはいえ、中国の人口12億超市場の成長力はEU5億人市場を凌駕する実質を米国や日本に対しても顕在化し、その基盤には、わが国建国以来の文化発展の典拠ともなった中国文化知財の歴史的な巨大価値が現存することを痛感させられる折柄、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・製造産業局模倣品対策室)によれば経済産業省は昨日、第5回日中知的財産権ワーキンググループをれ東京で開催した。昨年6月にわが国経済産業大臣と中国商務部長との間で交換された「知的財産権保護および協力に関する覚書」に基づくもので、知的財産保護に関する問題の複雑・広域化・巧妙化している状況に対処して、日中政府から幅広い機関が参加し、知的財産権保護に関する様々な問題について積極的に意見交換され、具体的には、日中における知的財産関連法制の動向や今後の知財戦略について確認すると共に、引続き課題となっているインターネット上の知的財産権侵害対策の強化や、日中二国間のみならず、第3国にも拡大しつつある模倣品被害に対する措置等、日中両国が協力して取組んでいく対策について意見交換した。

佐成重範弁理士所見→知的財産権は物品のみでなく、キャラクター、ブランド、動的画像、ゲームなどのコンテンツにも広汎に分布・並存するから、伝統的遺産に対する知的財産権意識を含めて、両国の両国の権利意識を確認することが重要であり、また、英国EU問題やトランプ発言で再燃する「国際主義的国民国家主義」の、国益最優先に傾斜する動向をも、十分に踏まえるべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム