2016年6月3日金曜日

「深層学習による高性能インテリジェントカメラ開発」などスーパークリエータ




弁理士 佐成 重範 Google/Yahoo検索 SANARI PATENT


       http://plaza.rakuten.co.jp/manepat 

進捗しつつあるグローバル産業革命において国際優位を占めるため、突出したIT能力を持つ人材の発掘・育成が急務であるが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局情報処理振興課)によれば経済産業省は、新たに認定したスーパークリエータとの交流会を昨日」、大手町日経ビルで行った。知財専門家としてはそれら人材のプロジェクトテーマに先ず関心が向かう。今次テーマは、「深層学習による高性能インテリジェントカメラの開発」「ユーザの行動を予測し生産性を高めるインタフエースの開発」「大域照明計算手法開発のためのレンダリングフレームワーク」「集団運動・動物行動の解析ソフトウェアの開発」「ゲームをハックすることでプログラミングを学習する教材の開発」「心の状態を可視化するシステムの開発」「デザインの継続的インテグレーション支援ソフトウェア」「マルチメディア用ビジュアルプログラミング言語からHDLへの高位合成ツールの開発」である。これらテーマによる認定スーパークリエータは、東大大学院学生、会社社長など多彩である。

佐成重範弁理士所見→スーパークリエータの「交流」が経済産業省により触発されることは、より高次の創出を促す。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム