2016年5月21日土曜日

地域中小企業の人材確保支援事業、経済産業省




弁理士 佐成 重範 Google/Yahoo検索 SANARI PATENT


       http://plaza.rakuten.co.jp/manepat 

平成28年度予算による「地域中小企業人材確保支援事業」について、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・中小企業庁経営支援課)によれば中小企業庁は、地域内外の若者・女性・シニア等の人材から、地域の中小企業・小規模事業者が必要とする人材発掘し、紹介・定着支援等の事業を行う。各地方経済産業局が地域の状況に応じて独自の事業を実施するものとし、公募により選定された実施事業者が、合同企業説明会や交流会、新人定着研修など、様々なイベントを各地で行う。また、意欲的な地域中小企業と、その担い手となる都市部人材をマッチングさせるモデル事業を実施し、地域中小企業の経営革新と地域経済の活性化を推進する。

佐成重範弁理士(元・東京通商産業局総務部長)所見→全国8経済産業局の地域特性が顕著であるのみならず、地域内の各地域の地域特性もまた顕著である。多様な地域人材の潜在を、国家機構が主宰して活用に導くことは、人材需給に対する信頼性の画期的増大をもたらし、1億総活動、シニア能力の活用、女性活躍の新局面を創出するものとして、わが国全体の構造革新に直結する。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム