2015年12月23日水曜日

マイナンバーによる経済社会クラウド化にPCA(東証1部)即応




弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

(企業知財の別サイト http://bit.ly/gvFECy

ピー・シーエー株式会社(PCAProfessional Computer Automation)の中間報告が届いた。同社のクラウドサービスは利用者数が約7千社に及んでいるが、マイナンバー取集サービスを核とする関連サービスの普及が、国策と企業便益の双方に適合していくと考える。同社の経営理念は水谷 学社長(公認会計士)の次の挨拶(SANARI PATENT要約引用)に集約されている。「PCAが創業した1980年、当時、会計スフトは存在したが、高価なオフィスコンピュータのみが作動する環境であり、導入は1部企業に限定された。業務のソフトウェア管理という概念が一般的でなかった時代に、中小企業にも導入可能なパソコン用パッケージソフトウェアの開発を目指して、数名の会計士が集まって生まれたのがPCAである」「PCAは、インターネット経由でのソフトウェアの遠隔利用というクラウドサービスを業界に先駆けて開発し提供してきた。このビジネスモデルは圧倒的な低コストと高度なセキュリティを特長とする」。

佐成重範弁理士所見→PCAは「公認会計士の有志が設立した独立系ソフトハウス。会計や販売管理など業務用ソフトで先駆」と特色づけられ(会社四季報)、「マイナンバー対応付帯で貢献。電子割符・データ分割による情報漏洩防止ソフトなど新サービスで顧客増大」(同)と高評価されている。著名・大会計監査法人の不祥事露見の暗雲下、志し高い公認会計士集団・PCAの国策寄与を期待する。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)


0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム