2015年12月28日月曜日

諸国諸分野の先端産業動向を動画するルネサスイーストン業態変動




弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

知財関連 http://bit.ly/dfBR7g

自動車の多類型化多機能化や情報通信インターネットの多元化、更には経済社会のロボット普遍化の進捗において、先端電子要素の流通を的確に先見完遂する商社機能の重要性が決定的である折柄、ルネサスイーストンの増収継続・中間報告が届いた。自動車分野については、ハイブリッドカー・電気自動車と、電子部品の搭載が益々増大し、マイコン・システム機能実装半導体チップ・アナログ集積回路を中心に確実に成長を見込み、産業分野については、多様な半導体製品とキットとしてのソリューションを提供し、民生・オフィス自動化・通信・アミューズメント分野については、グラフィクス・¥セキュリティ・ネットワークなど多彩な需要に対して最適なマイコン・表示デバイス・特定用途集積回路(カスタムチップ)を提供しているが、何れも成長分野であることは疑問の余地がない。従って、それらの具体的顕現に即応する選択集中が企業知財戦略となる。

佐成重範弁理士所見→ルネサスイーストンが志向する自動車分野・先端産業分野・モノインターネット分野は、先進運転支援システム・クラウド環境下の工程制御システム・モノ相互インターネット制御システムの各先端技術をコアとし、ルネサスイーストン創業62年の集積ノウハウと暗黙知財が、存分に発揮されると予測する。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム