2015年12月26日土曜日

委員に芝浦工大・松日楽教授等、ロボット国際競技大会でイノベ、経済産業省




弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

(企業知財の別サイト http://bit.ly/gvFECy

SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・製造産業局ロボット政策室)によれば経済産業省は今般、ロボット国際競技大会の実行委員会および実行委員会諮問会議を発足させる。実行委員会は、ロボット国際競技大会の具体的内容を、諮問会議に諮問して、検討・促進する。実行委員会諮問会議の邦人メンバーは、委員長・金子武雄カーネギーメロン大学教授、浅川智恵子IBMフェロー、池内克史・東大名誉教授、小田真弓・加賀屋女将、北野宏明ロボカップ国際委員会ファウンダー、諏訪貴子ダイヤ精機代取、中鉢良治・産業技術総研理事長、山崎直子・宇宙飛行士で、実行委員会のメンバーは、委員長・佐藤知正・東大名誉教授のほか、業界からトヨタ自動車・玉置章文パートナーロボットロボット部長、電通・西嶋頼親ロボット推進センターロボットプラナー、安川電機・横山和彦つくば研究所長らが参画している。

佐成重範弁理士所見→上記「女将」は普通「おかみ」と呼ぶし、女性宇宙飛行士と共に、安倍総理ご熱意の女性卓見を、ロボットイノベーションに発揮されたい。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム