2015年12月31日木曜日

リケジョ新規予算・オープンイノベーション促進など平成28年度経産省技術予算10.5%増




弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

関連知財サイト http://bit.ly/gvFECy および http://bit.ly/dfBR7g

財政収支の均衡も志向される情勢だが、経済産業省の平成28年度科学技術関係予算は5326億円と閣議決定され、今年度の4839億円に対して10.1%の増を示した。イノベーションを生み出す環境整備に向けて、引続きオープンイノベーションの促進等のため、産総研と大学・公設試と、中小企業・中堅企業等の産学官の橋渡し機能を強化すること、中長期的なわが国産業競争力向上のため投資すべき分野についての技術戦略に基づき、モノインターネット・人工知能・ロボット、戦略的ナノテク・材料分野、革新的エネルギー環境技術、健康医療分野、ものづくり産業について、重点的に共通基盤技術の研究開発を促進するとしているが、官僚作文や政治作文の常で、単語にそれぞれ「等」を付するなど、作文(原文)としては明快なスタイルでないが、例えば「橋渡し・研究促進オープンイノベーションアリーナ形成事業費」は28年度予算の産総研運営費交付金625.8億(今年度617.9億円)の内数である。また、「オープンイノベーション協議会を通じたオープンイノベーションの推進」は、昨年2月に新設されたオープンイノベーション協議会において普及啓発の大規模セミナや、ビジネス案件創出のマッチングイベント開催、オープンイノベーション白書作成など行うための予算である。

佐成重範弁理士所見→リケジョ発展のため、平成28年度新規予算として「理系女性活躍促進支援事業費」2億円が計上され、理系女性スキルと産業界ニーズの「見える化」を行うと述べているが、情報技術は勿論、建設・工業農産・物流に至るまで、見える化は既に進行しており、周知徹底に注力すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム