2015年11月11日水曜日

積水化学工業、ダイソンなどキャリア教育アワード受賞


子供たちに働くことの意義を教え1億層活躍社会の基盤を創る
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
(知財戦略関連の他サイト:http://bit.ly/gvFECy、http://bit.ly/dfBR7g)
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・経済産業政策局産業人材政策室)によれば経済産業省は、来る12月17日に国立オリンピック記念青少年総合センターにおいてキャリア教育推進シンポを、文部・厚生両省と共催するが、その際に表彰される経済産業大臣賞受賞企業として、大企業の部では積水化学工業、中小企業の部ではダイソンが選ばれている。
SANARI PATENT所見→積水化学工業は、社会の課題と身辺の暮らしを結び付け、体験型の学びを通して新たな価値観、総合的なモノの見方や問題解決力という、生きる力を育むため、積水化学工業グループの特性を活かした教育プログラムとして、模型を使った家づくりを体験する理科教育を行っており、また、ダイソンは、ジェームスダイソン財団と提携して、実体験型ワークショップを全国中高生を対処として開設している。ともに、経済産業大臣大賞に値する業績と考える。
(記事訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不確定のコメントは辞退申上げます。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム