2015年10月24日土曜日

増上寺にて経済産業省が日中韓のデザイン発ビジネスのフォーラム


今月30日に日中韓デザイナーによるデザインクリエイティヴパネル
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
文化の源流に共通性を共有する日中韓の文化と経済の協創・共進は、波乱激化のグローバル情勢に人類の希望の新たな光明を投ずるものであるが、デザイン発ビジネスの新たなビジネスを日中韓3国の知財専門家等が協創することの意義は極めて大きい。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・特許庁総務課国際協力課」によれば経済産業省は、来る10月30日に東京・増上寺において、日中韓デザインフォーラムを開催する。
佐成重範弁理士所見→3国のデザイナーによる「世の中に多様な価値を生み出すデザインの開発事例と、デザインをビジネスとして成功させるための意匠権の可能性」についてのパネルは、実務的にも即有用な成果が期待される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム