2015年9月29日火曜日

三井物産の中国給食市場進出は中国数億の胃袋に好感


中国の学校給食・社食給食受託で日本食定食の栄養清潔好評
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
日経紙系・WBSが、日本食の中国普及ぶりを放映し、特に、日本食定食の栄養バランスとオートメ量産の清潔確保が好評であることは、ここに着眼した三井物産の先見性と、大企業においても従業員流動性が高率な、流動活発中国社会における従業員定着に即効的として、中国企業経営者に好評であること、中国学校給食と共に、その対象が数億人規模の中国人の胃袋に先ず好感を持たせるものとして、来る安倍・習近平トップ会談にも勝る高級的日中友好効果を現出するものと考える。三井物産だけでなく、例えば「くら寿司」も中国4に進出し、いわゆる回転寿司のオートメを飛躍的にイノベーションした注文即応・アニメおまけ(5皿ごと)のIT技術が、中国好みの家族娯楽の場ともなって、米国における以上に高速普及するようだ。もっとも、わが国の立食文化はビジネスグローバルには適合しない模様で、じっくりと時間をかけて会食の親和効果を楽しむのが中国流儀だから、立食テーブルに椅子を補完して直ちに満席という事例も放映され、いzれにせよ、中国13臆人の胃袋に好まれることこそ、日中恒久友好の基盤であることを、三井物産始め中国給食市場受託の慧眼に敬意を表しつつ、大いに希望を託する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム