2015年9月16日水曜日

豊田自動織機が水素燃料電池フォークリフト地産地消実証実験取 組


10月から山口県周南市地方卸売市場で(2015-09-26発表)

 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

物流とエネルギー選択の総合的イノベーションが地域・国域・グ

ローバルの各領域において、それぞれの特異性に応じて実現し革

新していくことが、企業と各領域との盛運を決定する大きな要素

となるが、豊田自動織機は今日、「山口県周南市での燃料電池フ

ォークリフトの実証実験に参加します」と題して、「周南市では

、周コンビナートから発生する副生水素の利活用方策として、水

素の製造から輸送・貯蔵・利活用めでの一貫した新しい形の水素

サプライチェーンを構築する計画を進めており、豊田自動織機は

これに参画して水素燃料フォークリフトの普及促進の取組を進め

る」旨を発表した。「環境負荷物質を排出しない環境適合性と共

に、水素充填は極めて迅速であり、充電や電池交換なしで連続稼

働が可能であることにより、電動フォークリフトと比較して稼働

効率を大幅に向上させ得る」と述べ、豊田自動織機が既に着手し

ている関西空港等での実証実験と相俟って、次世代フォークリフ

トの普及基盤を確立する。

佐成重範弁理士所見→水素ステーションの普及などトヨタの水素

自動車推進とも表裏一体をなし、地域創生・日本産業再生・グロ

ーバル寄与の多面多様な貢献が予期される。関連して、豊田自動

織機株は今日6100円で昨日比6.27%高、昨月安値5400円の13.0%

高に及んだ。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム