2015年9月6日日曜日

NTTの島耕作マンガ、クラウド型PBXで新拠点の通信環境構築


「通信設備のクラウド化」*「スマホの内線化」

弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

NTTコミュニケーションズの島耕作社長マンガ「オフィスの通信設

備もクラウド化! 持たずに使う時代へ!」が届いた。島耕作社

長が先ず「わが社ではオフィスの通信環境の最適化により、様々

なな経営課題を解決しました。その鍵となったのが、「通信設備

のクラウド化」と「スマホの内線化」です。わが社の導入事例を

通じて、持たずに使うことによるオフィスコミュニケーションの

強化策をご紹介します」と述べ、日本郵便(株)が、電話通信環境

をクラウドで構築し、問い合わせ業務の効率化で現場の負荷を軽

減している事例を挙げているが、今秋予定の巨大株式公開で改質

する日本郵便の2万数千拠点と、巨大株式公開を果たしたNTTの巨

大通信ネットとが融合して、クラウド型環境によりコラボ活動を

展開することの社会経済イノベーション効果に括目すべきである



佐成重範弁理士所見→通信設備が老朽化して見直しが必要だが、

コストモ多額かつ要早急という事例で、クラウド型PBXなら設備が

不要となり、スマホの内線化も、スマホにアプリをインストール

するだけで導入でき、事業拡大の際にも柔軟の対応、などの場面

が島耕作マンガ化されており、首都圏集中傾向のビジネス環境イ

ノベーションにおいても、島耕作マンガの即活用が企業の進運を

決定する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム