2015年9月27日日曜日

在宅業務のセキュリティ、コミットのSP-クラウドは1億総活躍社会の具体策


経済最優先発進に向け、現躍進企業群(ダイヤモンド誌)の1社・コミット
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
国連理事会革新への4国会合にも踏み出した安倍総理の国内、「1億総活躍社会」実現の意欲は国民全てが共有すべきだが、「1億」の意味は、総人口から幼年者と80歳超の後々期高齢者を除いた人口数だから、この1億が何等かの積極的活躍をしている健康人口であることは、「600兆円」をも超えるGDPをも軽く約束するものと評価できる。問題はその具体策の集積だが、ダイヤモンド誌が現躍進企業として評価する企業に一つ、コミット「SP-クラウド」の、在宅勤務者創出のための利用は、まさにその具体策の一つとして採択されるべきである。同誌は、「企業は突然の退職者による業務停止や、アウトソーシングによる情報漏洩のリスクを抱えており、仮想デスクトップ技術でセキュリティが確保できれば、在宅業務の幅は俄然広がること」「特定の利用者は安全にファイルを共有でき、例えば、自分のパソコンに会計ソフトがなくても、会計処理の仕事ができること」などを解説しているが、このシステムを大企業や中央官庁こそ先ず採択すべきである。
佐成重範弁理士所見→安倍総理の「女性活躍サミット」の現実事例としてはダイヤモンド誌上記特集のルナサンド原田路子女史やブライダルカフェの高橋 泉女史を顕示することができる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム