2015年10月12日月曜日

穴吹興産の特技「あなぶき家さぬきうどん」花けずり本枯節


日本発調味料として鰹節のグローバル食市場好評
佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
穴吹興産(東証1部)の株主贈呈で「あなぶき家さぬきうどん」のセットが届いた。既に穴吹興産は「四国のマンション分譲首位級。人材派遣の上場子会社クリエアナブキ、ホテル、ゴルフ場運営も」と特色付けられ(会社四季報)、「営業益増額。増配。マンションの建築費高も価格転嫁進む。中古マンション事業は再販と賃貸運営の両面で安定的に稼ぐ算段」(同)と高評価されている。今次贈呈品の「あなぶき家さぬきうどん」は穴吹興産の、いわば余技特技産品かとSANARI PATENTは推測するが、「讃岐うどんの伝統製法を守りながらも、お客様により良い商品を提供できるよう日々探求し、より一層美味しい讃岐うどんを創っていきたいと思います」と、まさに「地方創生」を起動し発展する企業理念である。佐成重範弁理士がさらに希望するのは現在、グローバル食文化の展開において、調味料としての日本鰹節が高評価されている状況放映の、NHK等のレポートにもかんがみ、「あなぶき家さぬきうどん」本体と共に、「かつおかれぶし削りぶし」と複名した「花けずり・本枯節」のグローバル通用の味覚輸出にも、あなぶき興産の関心が及ぶことである。ミラノの食品万博でも、日本の出汁(だし)、特に鰹節が人気を博したと、WBS)。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム