2015年10月26日月曜日

総合金融知財の展開が次世代国際優位の決定基盤


総合証券2位の大和証券グループは「増額」「伸びる」と東洋経済誌評
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
円の国際通貨地位が米ドル、中国元に次ぐ第3位とグローバルに評価され、国際関係の多元多様な変動が激化する趨勢のもと、総合金融知財の優劣が国家経済にとっても企業競争にとっても、決定的に重要な基盤をなすことは次世代グローバル経済の決定的要素である。従って、野村一強ではなく、2位・大和証券グループの総合金融イノベーション先駆の意気込みと実績蓄積こそ、日本再生の希望を現実化する具体的事象と考える。標記副題の東洋経済誌による大和証券グループ評には、「総合証券2位。株委託、投信は想定超のテンポ。預かり資産増え信託報酬拡大。楽天の(株)売出案件など主幹事獲得。営業増益幅拡大。下期に三井生命株式の譲渡益発生も。マネーパートナーズグループに取締役派遣」と高評価されている。今日届いた大和証券グループの個人向け情報を見ても、金利プランに創意を凝らせた複数新案が説明され、佐成重範弁理士個人は野村證券専一で経過しているものの、大和証券グループの創案と発展速度に関心を深めている。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム