2015年8月1日土曜日

コンピュータ断層診断装置の世界先端普及などに貢献、競輪資金


今年上半期の公営競技売上高伸長

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT

是国競輪施行者協議会の月報が届いた。競輪法施工後67年目を迎

えるが、戦後の国家財政不如意の時代から、売上高の一部を機械

産業等の振興や公益事業の助成に、経済産業省・自治省独自の補

助予算源として機能した業績は極めて大きい。わが国が世界ダン

トツであるCTの対人口普及率は装置費の半額補助で早期達成した

業績であるし(慶應医卒・近藤 誠医師によれば人口100万人当たり

CT設置台数は日本100台、オ

ーストラリア45台、米国40台の順位)食品薬品安全センタ創立費25

億円もその全額特別

補助によった。上記月報には、競輪・中央競馬・地方競馬・ボー

トレース(競艇)・オオートレースの法定5公営競技の、今年上

半期業況も報告されているが、合計で総売上高4580億円(対前年

同期比14.2%増)、うち競輪515億円(1.7%増)、中央競馬2757億

円(20.8%増)、地方競馬352億円(9.21%増)、競艇892億円

(6.4%増)、オートレース639億円(2,3%増)という状況である.


佐成重範弁理士所見→電子機械産業としての性格が強い(従って

関連特許権数も多数かつ増大中)パチンコ・パチスロ業界の売上

高は24兆円超と推定されるが、別法域である。カジノ法は現国会

では実現しない模様だが、知財やコンテンツへの相関と経済社会

寄与の趨勢が注目される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム