2015年7月24日金曜日

今次TPP最終交渉・著作権保護70年調整、コンテンツ振興の好機


著作権保護の実態調整と著作権包含総合ブランドの開発

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT

再開されるTPP交渉の難関とされた著作権保護期間について、「作

者の死後70年」最終調整に入る、と朝日紙の観測は、日本など50

年国の妥協と見るよりも、これを契機としてわが国コンテンツの

対米国など進出の一層の展開こそ志向すべきであると、SANARI

PATENTは考える。内閣知財本部がコンテンツ振興を特許発明と並

列して知財政策としてから既に10年余を経たのに、著作権使用料

のの国際収支が6200億円の赤字(2013年)という事態を猛省すべ

きであり、アニメやキャラクターを含む総合知財をブランドと考

え、著作権を含むわが国コンテンツの国際収支黒字実現に先ず傾

注すべきである。

佐成重範弁理士所見→文学作品のみならず、ミッキーマウス対リ

カちゃんで考えれば、著作権と意匠権・商標権等を統合したブラ

ンドコンテンツのグローバル展開こそ、ソフトパワーとして国力

を示すものである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム