2015年7月16日木曜日

サービス付き高齢者向け住宅=賃貸住宅+安否確認・生活相談サ ービス+介護・医療提携


老いと健康の危機管理技術を文春誌が特集→有馬稲子さん所感

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT

文春誌の紹介で積水ハウスの賃貸住宅・シャーメゾンの資料が届

いた。定年退職の団塊世代集団が著増して、「絆」の変貌も顕在

化している折柄、老後の生活を依拠する住宅の利用形態と機能と

に関心が深まるのは当然で、積水ハウスの今次資料には、これに

即応する同社の知財と業歴と創意が満ちており、熟読必須である

。文春誌も「老いと健康の危機管理」技術を特集し、日本を代表

する女優の一人、宝塚・映画界・舞台で活躍、現83歳で講演・朗

読などの現役・有馬稲子氏の「住んで初めて分かった正しい老人

ホームの選び方」を掲載している。建築家の友達のアドバイス「

夫も子供もいない一人暮らしなら、早くケア付きの施設に入った

方がいい」とのアドバイスで、住んでいたマンションを売却し入

居したという。環境も良く、最寄り駅にも遊歩道直結など気に入

ると共に、ホテルライフのような暮らしというコンセプトに惹か

れたと述べ、現在も安住している模様である。
佐成重範弁理士所見→人生練達な有馬稲子氏だが、それでも、「

二度、出て行こうと思ったけど」と述懐し、それは同一施設内の

「人付き合いの難しさ」という自意識であるようだ。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)  

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム