2015年7月7日火曜日

エアバスの次世代旅客機の技術核心ブレード加工も株・放電精密 加工研究所で


高温高圧ガスエネルギーの回転エネルギー変換の要め

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT


野村IRの紹介で株放電精密加工研究所の資料が届いた。高制御高

精度デジタルサーボプレス機の世界初の実現、排ガス浄化のセラ

ミクスハニカム押出用金型のディーゼル関連金型需要増などで、

機械装置や金型の先端分野が増収増益だが、今後の展開として放

電精密技術によるブレード一貫加工の本格増産が刮目される。航

空機エンジンの主流・タービン型では外部から取り込んだ空気を

圧縮機で高圧にし、そこへ燃料を噴射して発生した高温高圧ガス

のエネルギーで推進ファンを回転させ、後方に噴出して推進力を

得るが、このエネルギー変換はタービンが行うのだが、このター

ビンは、多数のブレードで構成され、高温ガス噴流の中で大きな

力を受けながら高速回転するのだから、高強度の耐熱合金による

高精度高加工難度の部品として、航空機革新の要めを成す。
SANARI PATENT所見→エアバスのブレードも、放電精密加工研究所

から三菱重工航空エンジン株を通じてロールスロイスに納入され

、次世代航空技術の要めとして、空のグローバル新交通体制制覇

の技術主役となる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム