2015年7月2日木曜日

マルハニチロのマグロ革命、世界初・完全養殖マグロ明年初から本格出荷


ロングライフチルドと共に世界魚食市場の革新技術

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT

食生活の革新が世界諸国の経済社会を国民健康の基盤から革新する趨勢の折柄、マルハニチロの今次報告が届いた。最も刮目されるのは、世界初の完全養殖マグロ出荷をマルハニチロが2016年から本格化することで、今次報告でも「民間企業が、卵から成魚まで、育てて販売するのは世界初」と特集し、「世界的な消費拡大で、資源管理がグローバルな問題となっているマグロ。世界各地の漁場では天然マグロの漁獲規制が年々強化されている。マルハニチロはクロマグロの安定供給のため、人工親魚から採取した卵からデリケートな稚魚の生存率を高め、成魚を育てる完全養殖を長年にわたって研究し、2010年に成功、本年初出荷、2016年に本格的出荷」(SANARI PATENT要約)と述べている。
SANARI PATENT所見→欧米諸国では健康志向の高まりで魚食ブームが広がり、新興国においても所得の向上とインフラ充実により、従来は高級食材であった魚介類の消費が急増して、資源争奪戦の様相が深刻化している。マルハニチロのロングライフチルド技術と相俟って、魚類のグローバルな物流が拡張し、わが国企業の世界福祉貢献と認識されることは、素晴らしいソフトパワーとなる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム