2015年6月19日金曜日

慶應義塾高校1年生の岡田侑弥君など6名、未踏事業スーパーク リエータ


新たな付加価値創出の突出若手を経済産業省認定

佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

情報通信の技術革新により経済社会に新たな付加価値を創出する

ため、突出した情報通信の能力を持つ人材の発掘・養成が緊要だ

が、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情

報政策局情報処理振興課)によれば経済産業省は次の6名を新た

なに認定スーパークリエータとして認定し、来る27日に認定証書

授与式を行う。すなわち、筑波大・知識情報システム主専攻4年

生で、Web上の記事を用いたニュースの動画生成システム開発のプ

ロジトを行う稲垣洸雄君、標記慶應のグラフィカルユーザーイン

ターフェイスのみによるマルティデバイス開発のプロジェクトを

行う岡田侑弥君、筑波大機能システム専攻学生ので、ユーザーの

好みを反映したメイク手法推薦システムの開発プロジェクトを行

う神武里君、早稲田大応用物理博士課程学生で、任意キャラクタ

ーへの衣装転写システムプロジェクトを行う斉藤隼介君、東大大

学院コンピュータ科学専攻生で、三味線演奏の総合支援アプリ開

発のプロジェクトを行う浜中敬人君、および、キャノンのヒュー

マンインターフェイスデザイン部員(24歳)で、毛髪で音を感ずる

新たなユーザインタフェースの開発プロジェクトを行う本田達也

君、である。
SANARI PATENT所見→6君のプロジェクトテーマは何れも実用性に

富み。経済社会のイノベーションに適合させることは、知財専門

家と企業の責務である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム