2015年6月14日日曜日

自動車部品メーカー・今仙電機製作所の海外活発・国内軟調


新設のグローバル開発研修センターは航空機器・福祉機器も

弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

今仙電機製作所の総会(来る23日)通知資料によれば同社は、中

国広州市の現地法人に設計部門を新設し、研究開発の強化とグロ

ーバルでの事業拡大に取組む(SANARI PATENT注・研究開発設計部

門の国内統合か現地分散化の選択肢の一例)。また、拡大するイ

ンドネシア市場に対応するため、同国内に販売会社を設立した。

更に欧州市場参入の拠点としてドイツ支店を設立し、欧州におけ

る先進自動車技術、医療福祉関連技術、航空関連技術の情報を収

集し、魅力ある製品開発とタイムリーな営業活動を行う。北米・

中南米における販売は前年度を上回って堅調に推移した。
SANARI PATENT所見→今仙電機製作所は今後対処すべき課題として

、「自動車部品業界においては、グローバル化の加速から、欧米

のメガサプライヤー、新興国のローカルメーカーとのコスト競争

が激化し、より低価格で付加価値の高い製品開発がもとめられる

」と観測し、グローバル拠点最適化と技術革新を強調しており、

自動車部品以外のグループ各社技術と知見の、横断的駆使が必須

と確認していることは適切である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム