2015年6月18日木曜日

ソフトバンクの子会社・ソフトバンクテクノロジーの事業構造転 換奏功


デジタルマーケティング・プラットフォームソリューション・シ

ステムインテグレーションの成長分野

佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

ソフトバンクテクノロジーの、7.7%著増収、38.9%純益著増の総会

通知が届いた。既にソフトバンクテクノロジーは「電子商取引サ

イト業者向け運航代行が柱。システム構築やクラウドサービスを

育成」とと特色付けられ(会社四季報)、「一段増益。データ分析

が既存顧客の深耕で伸びる。システム構築も、マイクロソフトサ

ービス導入など好調持続。セキュリティも増勢。不採算案件がな

く、営業増益」(同)と高評価されている。加えて「社員数、1000

人規模目標に増強。現830人超。中途採用が一巡してM & Aを軸に

人員増強を進展」(同)。今次総会資料でソフトバンクテクノロジ


は、その情報通信技術構造を「デジタルマーケティング」(電子

商取引とデータ分析)、「プラットフォームソリューション」(

セキュリティソリューションとその他プラットフォームソリュー

ション)、「システムオンテグレーション」(マイクロソフトソ

リューションとその他システムインテグレーション)の3体系に

整序して説明するが、この3体系に各分属するデータ分析が40.6%

売上高著増・50.0%著増益(限界利益:売上高ー変動費)、セキュ

リティソリューションが2.07倍売上高著増・5倍著増益、マイク

ロソフトソリューションが売上高91.3%著増・83.2%著増益が顕著

な増勢を示している。
SANARI PATENT所見→ログ分析ソリューション、セキュリティ商材

の拡充、自社開発クラウドサービスの拡販が、特に顕著である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム