2015年6月27日土曜日

わが国ガラス産業の国内出荷減少、新興国需要著増


自動車ガラス、カーテンウォール製品輸入増加

佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・製造産業局

住宅産業窯業建材課)によれば経済産業省は、産業競争力強化法

に基づく調査報告として、板ガラスの市場構造に関する報告をま

とめた(2015-06-26)。わが国板ガラスメーカーは、グローバル市

場において主要プレーヤーだが、建築用ガラスはコモディティー

化し、ローカルメーカーとの競争が激化。自動車用ガラスは、高

い品質と機能への要求が参入障壁となって、わが国メーカーが高

いシェアを保持している。すなわち、板ガラスの世界シェ(2013年

)は、旭硝子7.8%、日本板硝子6.6%に、フランスのサンゴバン6.0%

、米国のガーディア5.7%が次ぐ。自動車ガラスの世界シェア(同)

は、旭硝子22%、中国のFuyaoの20%、日本板硝子の19%、サンゴバ

ン・セントラル硝子の16%が次ぐ。このような構造のもとでガラス

産業の市場動向は、国内市場においては1990年をピークに減少し

、2014年は1990年比で約4割減。稼働率約5割に。自動車用ガラ

スや、カーテンウォール等の製品での輸入は増加。海外市場は、

新興国の需要が大きく増加。
SANARI PATENT所見→中国が、世界全体のガラス生産能力の約6割

を占め、供給過剰の状態で、輸出超過傾向が拡大していることが

注目される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム