2015年7月13日月曜日

資源燃料分科会第14回を今日開催、経済産業省


前回、昨月18日にはリスクインデックスのネーミングについても

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT

エネルギー資源の価格・開発地域分布がグローバル政治経済動向

の大きな変動要因になっているが、SANARI PATENTに着信した経済

産業省発メール(担当・資源エネルギー庁資源エネルギー部政策

課)によれば経済産業省は今日、総合資源エネルギー調査会の資

源燃料分科会の第14回会合を開催し、いよいよ、報告書案の固め

に入る。昨月13回の会合では、「セキュリティインデックスにつ

いて、数値が高いほど悪いことを示す指標とされているから、リ

スクインデックスとする方が、ネーミングとして分かり易いので

はないか」「この指標は、海外にも普及させ、日本独特のもので

はないようにすべきである」「昨年の下半期からの環境変化とし

て原油価格の予期せぬ下落があり、多くの上流企業の経営を圧迫

している。中長期的には、石油・天然ガスについては需給環境が

引続き引き締まる可能性が高いと考えられているが、地政学的リ

スクが不安定な状況である。長期的視点でのエネルギー供給の安

定確保のため、上流開発への適切な政策支援は益々必要である」

等々の発言があった。
SANARI PATENT所見→世界情勢の、複数の見通しについて、それぞ

れに対応する政府・企業の対応の選択肢を示し、臨機応変の構え

をもって臨む方向性を示すべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム