2015年7月28日火曜日

地域でのヘルスケアビジネス創出を加速、経済産業省


ヘルスケア・アクセラレータの育成と派遣

弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT

世界に冠たる日本の平均寿命が健康寿命とイコールであることが

、成長戦略達成の決め手であることは明白で、働き盛りの壮年者

が老年者介護のため離職したり、青年層の介護業従事者が増える

ことは、国際競争力の弱化に連なる。従ってセルフヘルスケアビ

ジネスを始めヘルスケアビジネスの全国創出が急務であるが、

SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政

策局ヘルスケア産業課)によれば経済産業省は、今年度の成長戦

略策定を踏まえて、地域でのヘルスケアビジネスの創出を図るべ

く、「地域ニーズに密着したヘルスケアビジネスの芽作り(経済

産業省がビジネス実証を支援)」「ヘルスケア・アクセラレータ

ー・ビレッジを創設し、ビジネスアイディアの事業化を支援する

人材を育成・集積・派遣(地域経済活性化支援機構と連携)」「

人材育成プログラムを提供し、地域で活躍するアクセラレーター

を新たに育成(事業構想大学院と連携)」する。

佐成重範弁理士所見→生活習慣病の最たるものとして、糖尿病対

策が喧伝されているが、ヘルスケアの第1歩である血糖値の自己

測定が全く普及していにことは、一般薬局でその自己測定器およ

び関連用具を販売しているものが極めて少ないことからも明白で

ある。HbA1C測定器の薬局店頭整備(現状はほとんど皆無)を含め

て、上記対策に合わせて、政府による推進を望む。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム