2015年5月3日日曜日

ユダヤ新興財閥の知財とマネーの連携


世界主要国に遍在するイスラエル拠点の新興財閥

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT

多極化と広域連携が交錯する世界情勢下で、主要パワーのそれぞ

れと連携するユダヤ新興財閥の機能は、その知財とマネーの双方

から極めて注目すべき要素である。ユダヤ新興財閥の実例として

選択誌はビクトル・ピンチュクについて「ピンチュクはユダヤ系

知識人の家庭に生まれ、ソ連末期に自らの発明で会社を創設した

。ウクライナ大統領(当時)の娘と結婚し、政治と事業を結合し

て資産を著増し、クリントン夫妻や英王族など、米英露での強固

な人脈を有する」(SANARI PATENT要約)と述べているが、全体考

察としては米誌「フォブス」を引用して、「2013年の、世界・資

産10億ドル超の1426人の12%がユダヤ系」であること、「その165

人の資産合計は8120億ドル(SANARI PATENT注・一人当たり49億ド

ル超で、規模のランクも格段)と説明している。この資産合計額

が、トルコ・オランダ・インドネシアのGDPに匹敵するとの対比は

、世界トップ企業の資産規模との対比に匹敵し、現世界における

国家・グローバル企業・ユダヤ等の世界的財閥の実質勢力の作用

を考察する必須の要素である。
SANARI PATENT所見→ソ連では不在だった金融知財で財を成した在

ロシア・ユダヤ新興財閥とプーチン政権新興財閥との親近、ユダ

ヤ系を介したロシア・イスラエル関係の強化、ウクライナ国首脳

とユダヤ新興財閥との連携、ヒラリークリントンほか米国共和党

のの各大統領候補者いずれものユダヤ新興財閥との関係度の深さ

は、上記・選択誌が指摘の通り、知財とマネーと国際政治の今後

に対処する極めて重要な要素である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム