2015年4月15日水曜日

日米欧中韓の5大特許庁、情報の一括提供を開始


世界5大特許庁の特許出願情報や審査情報の一括提供を来たる6

月に開始
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
全世界の特許出願(年間257万件)の8割以上(208万件)と推定

される日米欧中韓の五庁の特許出願情報や審査情報を世界中の一

般ユーザーに対して一括提供するサービスの実現が希求されてき

たが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・特許

庁情報技術統括室)によれば、今日(2015-04-15)から、日欧中韓

の四庁の特許出願審査情報が一括提供され、来る6月中小企業に

は米国が加わって、五庁の情報が一括提供される。
SANARI PATENT所見→企業活動のグローバル化に伴い、一つの発明

が複数国の国域に特許出願される事例が著増している。これら同

一内容の発明について、各国審査官がワークシェアリングするこ

とにより、重複サーチ、重複審査’が排除されるよう、’いわゆ

るドシエ一括情報を各国審査官が相互参照できることが極めて重

要な効果をもたらす。また特許権の成立に、広く世界市民が知識

と参画機会を得ることは、グローバルなイノベーションの恩沢効

果をもたらす。従って上記の今次展開は、世界市民共通の重大関

心事として認識・注視すべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム