2015年3月24日火曜日

ジェットストリーム・三菱鉛筆とPフイルム・住友ベーク、商品 ブランド・企業ブランド


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

実務でも受験でも、筆記の能率・美麗は極めて重要だが、同じに

見えるボールペンでも、ジェットストリームの好評と普及は高速

で、東洋経済誌が「成熟の文具で稼ぐ、商品展開の極意」と題し

て解説するように、「筆記具メーカー大手、三菱鉛筆の業績が好

調」だが、その国内成長を支えているのがジェットストリームだ

。年間販売本数が1億本を超えるお化け商品。その最大の特長は

、滑らかな書き味。紙とペンの摩擦係数が、通常のボールペンに

比べて最大50%小さくなるよう、インクの粘度やボール・ホルダー

が設計されている」。その製品デザインもジェット的に創作され

、全国文具店で「ジェットストリーム」と指名購買するのが圧倒

的に見えてきた。三菱鉛筆の社名は極めて小さく記されている。

企業説明会などでボールペン配布が常例だが、ジェットストリー

ム以外のボールペンでは、主催者の見識が疑われるのではないか


同様な事例になりそうなのが、住友ベークのPフイルムだが、こ

れは普及がこれからで、WBSが「ポリプロフイルムの特殊積層で特

殊微細孔を創作し、野菜や果物の呼吸速度を保存最適に制御する

」と解説したが、これも「pフイルム」の商品ブランドが、住友

ベークの企業ブランドより高速に浸透すること必至である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム