2015年2月27日金曜日

経済産業省産構審の情報経済小委、来月4日、芝浦工大大学院 の国井秀子教授ほか女性委員数名


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情

報政策局情報経済課)によれば経済産業省は、今後の情報経済

対策取組の方向性を議題として、来る3日、同省において産構

審情報経済小委を開催する。委員長は慶應の環境情報学部・村

井 純・学部長で、標記芝浦工大国井教授のほか、ネットイヤ

ーグループの石黒不二代社長など女性実業家や研究者の顔ぶれ

が揃っている。前回(2015-02-09)会議では、インターネット

・オブ・シングス:IoT:Intenet of Thingsに関して、業種を

超えてビジョンを共有することが重要であり、産学官による幅

広い連携について国を挙げて取組むべきこと、この委員会の設

立趣旨は、プラットフォームの獲得で米国に負けた今、IoTに

より更に日本が遅れをとれば、基幹産業すら無くしてしまうこ

とへ警鐘を鳴らすことであること、データの積極的な利活用が

時代を変えるほどの大きな流れになる中、データプラットフォ

ームその他の横断的な展開を国が主導すべきこと、などの発言

がなされた。
SANARI PATENT所見→「業界ごとの施策も必要だが、どの業界

をフォーカスするか、優先順位をつけていくという視点も重要

、との意見も出され、経済産業省当局の方向性導出が先ず求め

られている。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
 にご送信ください)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム