2015年2月8日日曜日

華人社会と中国社会、孤独老人と文化老人、概念革新の急速化


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

通念の革新が高速化して、それらへの追随は勿論、先見を怠る

と時流から落伍する。一例は今朝の朝日紙・山中季広特別編集

委員の「祇園も赤坂も、お値打ちジャパン」だが、山中氏の執

筆意図と若干ずれるかとも思うがSANARI PATENTは、その「も

ともと、華人社会はビジネス優先、実利第一である」という「

華人社会」の通念と、中国社会の通念との2通念を、わが国で

は常に平行して意識すべきであることに強い関心を持った。山

中氏は「投資に縁のない私には、日本の不動産が海外で(特に

最近は中国華人社会によって)それほど安くチープに語られて

いたことが正直、驚きだった。何でも高騰したアジアと中国の

目(SANARI PATENT注・特に華人社会の眼)には、日本はもは

や激安の国と映るようだ」と述べ、実例を具さに挙げている。
 国内社会に眼を戻しても、首都圏など大都市圏の孤独老人の

「孤独死」や「生活不便」は激変して、特にマンション利活用

の独居老人は、独居文化(NHKTV)の展開による人生享受を著

増zxいるようだ。コンビニの毎日宅配、その都度の親切会話

と異常発見の場合の区役所などへの宅配人連絡体制、独居者用

の至便機器(一人前ジューサーなど)の開発続出等々。独居老

人には連帯保証人不在でマンション賃貸が難渋と思われてきた

が、年金収入もあり、突如移転や長期不在の可能性も少ない独

居老人は、むしろ安心な賃貸先と認識されるようになった。都

市におけるマンション集積・コンビニ社会インフラの複合が、

今後のわが国社会の概念を進化させる。
SANARI PATENT所見→上記2例を挙げ、既存概念の変革を先見

・誘導することが、日本再興の要めであると、強調する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
 にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム