2015年1月31日土曜日

大規模地熱事業発電事業に債務保証、経済産業省


弁理士 佐成重範  Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・資源エ

ネルギー庁資源燃料部政策課)によれば、経済産業省が所管す

る石油天然ガス金属鉱物資源機構は、湯沢地熱株式会社による

秋田県湯沢市での事業を、債務保証対象事業として採択した。

この地熱発電事業は、発電規模4万2000キロワットを見込み、

1万キロワット以上の大規模地熱発電所としては、平成8年に

運開した大分県滝上発電所以来20年ぶりの大規模地熱発電事業

である。
佐成重範弁理士所見→石油天然ガス金属鉱物資源機構による債

務保証は、地熱発電所建設資金融資を民間金融機関から受ける

場合に、融資額の8割を上限として債務保証するもので、今次

融資は、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・秋田銀行等によるも

のであるが、地球外の宇宙よりも地球内の解明不十分と言われ

る折柄、わが国領海を含めて、地下資源の開発が、このよな経

済産業省政策により推進されることに、期待大である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム