2015年2月22日日曜日

立体ステンドグラス作成支援ツール開発などフロンティアメー カーズ育成を経済産業省が報告


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

「世界のニッチ市場で直接勝負する」ベンチャー、フロンティ

アメーカーズの人材育成事業として、SANARI PATENTに着信し

た経済産業省発メール(担当・製造産業局参事官)によれば経

済産業省は、来る3月上旬から下旬にかけて全国4地域におい

てその活動状況のトークセッションなどを開催する。この事業

は、将来フロンティアメーカーズになり得る、起業・新事業展

開・新製品開発等を目指す者を、海外の、デジタルアプリを具

備した地域工房などに派遣し、現地でものづくりプロジェクト

を実践しつつ、現地およびそのネットワークと交流してフロン

ティアメーカーたる実力を涵養するものである。
SANARI PATENT所見→今次報告予定を見ると例えば、株式会社

アップパーフォーマ所属の山田修平氏(34才)は、米国および

中国において、「サッカー選手とチームの軌跡を記録するウェ

アラブル端末の試作とアップデート、ユーザーテスト、製造に

向けた準備を実施しているが、ウェアラブル端末の多様多機能

な開発は各国メーカーが挙って資源投入中であり、上記プロジ

ェクトのような直接海外に在って着想・実現を果たすメカニズ

ムは、極めて現実利益的である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
 にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム