2015年2月19日木曜日

健康運動サービスの品質を「見える化」、経済産業省


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

健康寿命の延伸こそ、日本再生の要めだが、SANARI PATENTに

着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局ヘルスケ

ア産業課)によれば経済産業省は、健康運動サービスの品質評

価事業として、第三者認証のスキーム構築を進めてきたが、こ

の度、日本規格協会を認証機関として、初めて認証審査を行い

、有限会社アクトスベース企画、特定非営利活動法人あゆみ会

、株式会社NBH、同エムダブルエス日高、NPO沖縄健康づくり協

会ダブリピースなど全国12事業所に対する認証を決定した。こ

の認証は、地域で優良なプログラムを提供している小規模事業

者や、これまで健康づくりのフィールドとして認識されていな

かった事業者など、幅広い事業所を対象としている。
SANARI PATENT所見→上記12事業所の事業内容は、フィットネ

ススタジオ、トレーニングジム、スポーツクラブ、ウェルネス

クラブなど多様なサービス呼称のもとに健康サービスを展開し

ているが、その品質が公的に認証されることにより、国民の信

頼を高め、わが国における健康寿命の延伸が実現することは、

誠に喜ばしい。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
 にご送信ください)



0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム