2015年5月19日火曜日

サウジアラビアと二国間クレジット制度の構築に合意


日本とサウジアラビア、今年は外交関係樹立60周年(22日まで記

念フォーラムも)

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT

SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・産業技術環

境局地球環境連携室)によれば両国は、グリーン成長協力推進の

ため、二国間クレジット制度を構築し、この制度を運用するため

、合同委員会を設置すること、両国は二国間クレジット制度(優

れた低炭素技術や製品の移転を通じた、相手国での温室効果ガス

の排出削減・吸収への貢献を、日本の貢献分として適切に評価す

る仕組み)のもとでの排出削減および吸収量を、国際的に表明し

たそれぞれの温室効果ガス緩和努力の一部として使用できること

を相互に認めること、および、この制度の透明性と環境十全性を

確保し、これを他の国際的な機構緩和制度の目的のために使用し

ないこと、を合意した。
SANARI PATENT所見→これにより、日本とサウジアラビア間の、環

境・エネルギー協力が一層親密に強化される。なお、今月22日ま

で、東京で、両国外交関係樹立60周年記念フォーラムが開催され

るが、経済産業省担当課(上記)に照会して本件の、国際的理解

を深めるべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム