2015年1月9日金曜日

オトナ女子向けキャラクター菓子シリズ、バンダイ・森永乳業のコラボ発売


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
「シールド乳酸菌100億個! カラダの中からキレイをMake UP!」と銘打って今月27日に、バンダイは森永乳業とコラボして、美少女戦士セーラームーンの美容系グミを全国のコンビニ、薬局、量販店の菓子売り場で発売すると発表した(2015-01-08)。バンダイナムコホールディングスは既に「バンダイとナムコが経営統合。玩具首位級。ゲーム、娯楽施設、映像ソフトなど総合エンタメ企業。海外比率17%」と特色付けられ(会社四季報)、「ワンピースなどスマホゲームが好調で、玩具は妖怪ウオッチが大ヒット。その関連売上は今期400億円へ。今年初に、大型化期待の妖怪Padを投入。関連玩具のアジア展開も開始。ゲームアプリは今年度から海外も寄与」と高評価されているが、妖怪に留まらず、キレイキャラクターのお菓子で、国内外のカワイイ日本女子人気を味覚からも拡散するものと期待される。。
佐成重範弁理士所見→妖怪キャラクターはウオッチ、メダル、ゲーム、映画、Padタブレットなど広汎なメディアで好調を続け、中国やフィリッピンの工場でも生産拡大しているが、韓国ではアニメ放送が昨秋スタート、アジア展開が新春に本格化するが、オトbナ女子も含めて美容願望と美味の魅惑は普遍的だから、わが国キャラクター業界が得意とする「キャラクターの現地化」の知財をフルに発揮し、ポケモンや仮面ライダーを跳躍するよう期待する。`
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
 にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム