2015年1月7日水曜日

首都圏の地上地下を多元交叉する電鉄とクルマの高度活用ビジネス、パーク24



弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
パーク24の総会招集通知が届いた。現下、JR・私鉄・メトロ・都営地下鉄の相互乗入が地上地下高架にわたって交錯発展し、その高度ネットワークを最高度に活用しつつ次世代新機能のクルマがモビリティネットワークの構築やカーシェアリング市場の創造を伴い、かつ、トヨタの水素自動車関連パテント公開に踏み切りで触発されるクルマエネルギー多様化に即応して、クルマ活用の
キー企業となるパーク24のビジネスメソッド革新は、東京オリンピックの成功も含めて、日本再興戦略の基盤の一局面として評価すべきである。従ってパーク24は今次報告において、「駐車場バランスの最適化」「タイムズ駐車場のネットワーク拡大」「モビリティネットワークの構築」「カーシェアリング市場の創造」「情報通信システム高度化に対応する提供サービスの高付加価値化」などに当面取組むとして、例えば「モビリティネットワークの構築」については、「ドライバーの多様なニーズに応えるためのレンタ=カー・カーシェアリングの拠点ネットワークを構築すると共に、ロードアシスタンスサービス網を中心とする付帯サービスにより、安全安心に移動できる環境整備を図る」と述べている。
佐成重範弁理士所見→パーク24の今次報告には、上記クルマ交通革新における用語として、タイムズ・パートナー・サービス、一般タイムズ、タイムズオンラインシステム、タイムズカーレンタル、タイムズカープラス、ロードサービス、エリアドミナントを解説しているが、交通革新の基礎用語として必須化が見込まれる語彙も多く、周知が望ましい。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
 にご送信ください)



0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム