2014年12月29日月曜日

野菜自社生産で東京ディズニー、新鮮完熟の最高度品質素材食品でもサービス革新


弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
東京オリエンタルランドの独自サービス理念を加えて、東京ディズニーのサービスの質、施設内容、キャラクタービジネスなど、米国ディズニーを凌駕する好評高業績を示しているが、更に先日(2014-12-15)、「山梨県北杜市での野菜農園設立」を発表し、東京ディズニーで使用するトマト、ミニトマト、パブリカについて、2017年度からの自社生産を目指し、約3ヘクタールの土地に野菜農園を設立する。室温、湿度、二酸化炭素濃度などの環境を制御するシステムを用いた太陽光利用型の植物工場を設置することにより、年間250トンのトマト、ミニトマト、パブリカを、季節・天候に関わらず安定的に行うことが可能になる。北杜市は、国内でも非常に長い日照時間と昼夜の寒暖差を有し(SANARI PATENT注:昼夜の寒暖差が大であることは、熱冷交互浴と同効果で肌のキメを微細にし、美人産出県の特徴と言われている)、高品質な野菜の生産に適合し、東京ディズニー所在の舞浜近郊だから、完熟状態・高鮮度で、東京ディズニー内の全需要を充足できるしている。関連して、オリエンタルランド株は年初来高値を更新して2万8495円に達し(2014-12-29前場)、9月安値1万9465円の46.6%高に及んだ。
佐成重範弁理士所見→ナイトショーの刷新、魅力キャラクターの続出、アナ雪イベントの活況と、アルバイト要員を物心共に厚遇しし、自発的おもてなし工夫を誘発していることが、人気上昇継続の要因と考える。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム