2014年9月12日金曜日

電気自動車・ハイブリッド車のシンポを経済産業省が開催、来月11日に鳥取市にて


弁理士 佐成重範 Google検索・SANARI PATENT(企業の知財戦略研究)
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
中国の新車登録規制でガソリン車の実働増加が抑制され電気自動車は奨励されるなど、国域差はあれ、電気自動車・ハイブリッド車のグローバルマーケットは拡大するが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・製造産業局自動車課電池・次世代技術・ITS推進室)によれば来る10月11日、経済産業省は、国際競争力強化などのため、鳥取県鳥取市・とりぎん文化会館において、電気自動車・プラグインハイブリッド車のタウンシンポジウムを開催する。環境性やエネルギー効率に優れ、世界的にも開発に向けた競争が激化している情報に対処するためである。併せて地方創出にも資すべく経済産業省は、電気自動車・ハイブリッド車の普及に先駆的に取組む都道府県を「EV・PHVタウン」として選定し、各タウンにおけるモデル的な取組の全国展開を図ってきた。
佐成重範弁理士所見→今次シンポでは、「電気自動車・ハイブリッド車のカーシェアリングと次世代型エコツーリズム」をテーマとしており、シェアリングとエコツーリズムという生活イノベーションの新テーマとの組合せで環境適応自動車の普及が促進されることに、時流の展開を見る。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム