2014年5月7日水曜日

プリマアプリ、アマゾンーツイッター連携、安倍総理「価値共有」などネットメディアの活況


「弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT(企業の知財戦略研究)
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
活字メディアは新聞が今朝も休刊だが、ネットメディアは昨深更のWBSがプリマアプリの活況やアマゾンーツイッター連携の実況を放映し、安倍総理も欧州諸国から連日ツイッターを発信して「価値共有国による経済権」で知財国際戦略を共にするなどの発信を連日自作して、「成長戦略・特区戦略・革新」の現実化遅延の退屈感を表現知財の創出により補完し、「私は革新を怖れない」の絶叫が政官内の利権保守で空洞化の観を醸していることに、若干の新風を創出している。
プリマアプリのメルカリは、「スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるプリマアプリです。購入時はクレジットカード・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、商品が届いてから、出品者に入金される独自システムで、安心です」とネット解説され、消費税フリーの快感と共に「安心」の保障が頼もしい。米国でも展開の意欲が期待される。その運営会社メルカリは昨月末、CRowdWorksでメルカリのゆるキャラ制作の募集も始めた。
日経のシリコンバレー発情報は昨日、「アマジン、ツイッターと連携、つぶやきながら買い物」と題して、アマゾン商品のツイッター購入システムのユニークさを解説したが、日本市場にも展開必至である。
佐成重範弁理士所見→安倍総理の「価値共有国との経済権」発言は、表現が新鮮で、知的財産権軽視国への警鐘としても、好感が持たれる。「革新を怖れない」ではなく「革新を実行している」であって欲しい。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)
   

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム