2014年4月19日土曜日

大阪のUSJハリーポッターと東京ディズニーのミッキーマウス、今度のGWは関西優位か


佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
JTBなどによれば、今度のGW国内観光は関西以西が優位で、スカイツリーを含む関東観光には若干の空席も残存しているようだが、昨日、安倍首相が異例の開場宣言を行ったUSJハリーポッターや逆走コースターの豪華絢爛な大阪USJの観光遊戯イノベーションは、昨深夜のWBS大江キャスターのピチピチ若さの現地報告と相俟って、今度の関西優位を実感させた。九州JRの豪華旅行も、予約殺到的の模様である。
ブランドキャラクターの経済価値も、活用態様や組合せの創意いかんにより盛衰多様である。わが国の特許法等改正法案は、既に参議院で可決し、衆議院での可決成立待ちだが、参議院で可決の際の付帯決議中には、「色彩や音を始めとする新たな商標の保護の導入に当たって、自他商品役務の識別力の判断等に際し、商標権の権利範囲の明確化が欠かせないものであることに鑑み、権利範囲の特定方法、商標の類否に関する判断基準を早急に策定すること」など企業戦略・国際戦略の双方において重要な事項が見られる。知的財産権に留意しつつわが国の観光資源を国内外に喧伝すべきである。
佐成重範弁理士所見→商標権の多様化構想自体が、わが国は遅れている。特許庁が紛争に巻き込まれることを恐れず、むしろ真正面から取組むべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム