2014年4月15日火曜日

ハロウィーン対イースターで菓子業界のビジネス拡大チャンス


佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
芝・増上寺のお釈迦様祭が4月上旬の賑わいを見せていたが、イースターを加えることで子供と親のイベント・新お菓子増販に繋げる活発さを昨深夜のWBSが放映した。どの宗教とも懇意なわが国民には、10月のハローウィンに並べて4月のイースターを定着させれば1000億円の経済効果とも目されている。Wikipediaによればハロウィーンは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人起源の祭りで、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す宗教行事だったが、現在は特に米国で民間行事
として定着し、子供達は近くの家々を訪れてお菓子を貰う習わしとなり、日本でも1000億円程度の経済効果と見られるので、そmの4月版をイースターの年中行事設定により齎そうという意図のようである。イースター(復活祭)は欧米ではイースターエッグの飾りつけで祭られたが、今はチョコレート製の卵を始め、数々の新製品が続出し、カトリックに限定されない欧米行事となっているが、わが国はじめ全世界で子供が喜ぶ年中行事に加えられ、超宗教のグローバル菓子文化が展開すれば、これこそ世界平和の超宗旨に適合し、経済効果も期待できよう。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム