2014年5月30日金曜日

医薬品論多元化のもと、ドラグストア業界でドミナント戦略・新規エリア戦略展開奏功のクスリのアオキ


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT 企業の知財戦略研究
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
野村IRの紹介でクdスリのアオキの資料が届いた。実はこの資料以上にクスリのアオキの発展性を同社のホームページは示しており、「公共料金のお支払いもクスリのアオキで! クスリのアオキ各店で公共料金収納代行を開始しました。いゆものお買い物のついでに是非ご利用によりください」と共に、「クスリのアオキネットショップ」が「医薬品、健康食品、医療用品、化粧品、ボディケア、ヘアケア、オーラルケア、メンズケア、ベビー、介護、生理用品、ティッシュ・トイレロール、洗剤、ホームケア、キッチン用品、家庭用品、ペット、衣料、家電、お菓子、飲料、食料品」と、それぞれ
品揃え豊富(例えばコーヒーメーカーエコポット)である。佐成重範弁理士が特に注目するのは、医薬品の店舗販売は拡大が望まれるものの、他の顧客に聞こえる音声で病状や適応医薬品を店員と応答するのに難点があるのに対して、ネット通販で工夫すれば、メール応答でこの難点を回避できるから、クスリのアオキにはぜひこれを工夫して、リアル・ネット両店舗が相互補完する体制を採って欲しい。
それはさておき、今次資料には、明治2年創業、150年の業歴を経たスリのアオキが、石川・富山・福井3県を拠点として(越中富山の薬・置き売りの古来商法を、年輩者は想起する)、北陸新幹線開通に拡販の方向性を望みつつ、「ドミナント戦略」を掲げて、「特定地域に集中して出店し、顧客からの認知度を高め、競合他社の参入を防ぎ、商品配送を効率化する」という堅実路線を堅持しているところに、全国売上高ランキングでもマツモトキヨシやサンドラッグなどに続いて13位を占め、地域基盤企業としては抜群の営業成績を収めている理由を見出す。
佐成重範弁理士所見→医薬品の「薬害論」とも呼ぶべき様々な論説が、著名大学教授等により著作され、マスコミを賑わすと共に消費者の困惑を招いていることも否定し難い。地域の信頼を最優先するクスリのアオキは、これらの様々な薬害論(身近には睡眠薬、血圧降下薬、血糖値計測器)やトクホ続出も踏まえて、顧客の信頼を益々高めると考える。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム