2013年11月22日金曜日

食用オイルの国際経済環境変動と日清オイリオグループのニーズ即応


 

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT




オリーブ油の健康美容効果の愛用が、高齢層にも浸透し始めるなど、食用油の多様性への関心がグローバルに高まっているが、原料の需給・価格変動、製品ニーズの多様化に、総合的・弾力的・消費者密着的に対処して日清オイリオグループは先日、今年度上半期の売上高16242100万円、前年度同期比6.8%増を発表した。セグメント別報告(SANARI PATENT要約)によれば、「大豆相場は、春先には南米の豊作や、米国産新穀の需給タイト感、ブラジルの物流インフラへの懸念などから、高値圏で推移したこと」「円安で大豆・菜種価格が大幅上昇したこと」「大豆粕の増販と円安による価格上昇で売上高増」等々、世界各地の気象、為替変動、需給動態の多様性が複合し、経営戦略の主要素をなしている。

チョコレート用油脂、ヘルシーフーズ、ファインケミカルズ、大豆食品素材などについても、それぞれ特異の国際事業環境の流動が、対処戦略の機動性を必須としている。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム