2013年2月4日月曜日

丸紅、新春早々英国保険、カナダ炭酸リチウム、米国コンベアベルトと多角提携


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT




丸紅(東大名証1部)が咋年初来高値を更新して674円に達し(2013-02-01)、咋9月安値 478円の41.0%高に及んだ。「芙蓉グループの総合商社。業界2位。紙パルプ、穀物取扱高で首位。プラントや電力等でも強み」と特色付けられ(会社四季報)、「最高益。旱魃影響の穀物が想定以下、紙パも均衡がやっとだが、建機・農機の取扱増や海外発電の上振れで埋める。資源も、数量を増やし堅調維持。最高純益。20143月期は、米国穀物大手・ガビロン社の連結が寄与」(同)と高評価されている。加えて資金面では、「カナダのリース子会社を3億ドルで売却。ガビロン社買収資金36億ドルに充当。3年間で1兆円超投資、来期以降も積極姿勢。総額の6割強を、プラントなど非資源に」(同)と、経営の多角化も注目されるが、現に、佐成重範弁理士居住の四谷三丁目地区の中心、新宿通り・外苑東通り交差点に72戸の先端マンションを建設中である。標高35メートル地点で、霞が関や赤坂より8メ-トルほど高く、天水が貯まらない。四谷消防署に隣接し、江戸の火見櫓立地の地盤強靭さである。

余談はさておき、今月初(2013-02-01)丸紅が発表した2012-04-0112-31期業績の定性情報においては、穀物分野・石油トレーディング分野・LNG分野の増収と共に、電力・インフラ・金属・食料セグメントの減益等を説明している。

佐成重範弁理士所見→丸紅が新春早々相次いで発表した「米国のコンベアベルトディストリビュータ買収」「カナダ産炭酸リチウムの日本向け独占販売契約締結」「英国保険ブローカー大手Copper Gay社との業務提携基本合意書締結」など、日本産業再生への丸紅の意欲と確信を闡明している。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム