2013年2月2日土曜日

ノバレーゼ、大阪・名古屋・福岡などセレモニー・婚礼のリアルソーシャルネットワーク


弁理士 佐成重範 Google検索 SANA RI PATENT




接待とセレモニーのノバレーゼ(東証1部)が咋年初来高値を更新して58,200円に達し(2013-02-01)、咋7月安値49,550円の17.5%高に及んだ。「ゲストハウス・ウエディング運営。婚礼衣装レンタル・販売も。婚礼式場再生事業に強み」と特色付けられ(会社四季報)、「増益。2012年9月に開業した福岡・天神式場の効果などで挙式組数を挽回。広告効率化も効く。201312月期は、前期開店した5新店がフルに貢献。更に4前後の新店を加える。既存店もテコ入れが奏功し、開業費をこなす」(同)と高評価されている。加えて、「2013年初に記念写真などお祝い事業を立ち上げ。婚礼業務支援システムも、他式場向け外販にメド。大阪・心斎橋の式場は競合がきついが、2013年開業の桜宮式場と共同で受注活動を展開する」(同)など、平安閣や玉姫殿など冠婚葬祭互助会(前払い特定取引として、経産省の許可事業)を始め、会員基盤の厚い関西において、新たなビジネスモデルをもって発展している。

ノバレーゼは2000年に、挙式・披露宴に関する企画・運営・サービスの提供を目的として、名古屋に株式会社ワーカホリックとして設立され、婚礼プロデュース事業を開始したが、名古屋も、平安閣や高砂殿など上記冠婚葬祭互助会の基盤が強固な地域だが、冠婚葬祭やレセプションを含めて諸般のセレモニー・接待事業は、二次産業従業者数が1000万人を割り込んだ日本経済において、コンテンツ知財やセレモニー知財を創出し、絆の深化と、SNSに並ぶリアルソーシャルネットワークの構築とにより、社会活動・経済活動の更なる活性化に寄与することを、冠婚葬祭互助会の前受金保全機構(経産省指定機関)の専務取締役10年を経験した佐成重範弁理士は、切望する。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム