2013年1月29日火曜日

ジェイテック、人間力と技術力の相乗を強調


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT




「技術商社」を企業ブランドとするジェイテック(JASDAQ)が咋年初来高値を更新して27,400円に達し(2013-01-28)、咋9月安値12,400円の2.2倍に及んだ。「業歴17年。技術者派遣、請負事業が中核。自動車関連、精密、半導体分野に強み持つ。「技術商社」を標榜」と特色付けられ(会社四季報)、「上振れ。建築領域の人材サービス会社を2012年に買収し、年商4億円と営業益0.25億円を上乗せ。技術者派遣が、自動車・IT関連向けなどを中心に復調が続き、95%超の高稼働率を維持。営業増益幅拡大へ。2014年3月期はM and Aが通期寄与。技術者派遣堅調増。営業益続伸」(同)と高評価されている。加えて、「LIXILの人材関連子会社株式82%0.4億円で取得。買収を機に、耐震・復興需要を取込むと共に、LIXILとの関係を強化する」と、買収の複合目的も意欲旺盛である。

佐成重範弁理士所見→ジェイテックは、「人間力*技術力=無限の創造力」を理念としているが、単なる「技術力」依存が日本産業の国際競争力に繋がらなかったことは明白であり、「人間力」に、多くの含蓄を見出すべきである。「技術商社」という企業ブランドも秀逸で、商社才覚を具備した技術のみが経済再興に役立つ。

訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム