2013年1月21日月曜日

インタースペース、パソコンと携帯端末のサービス一元化が奏功


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT




アクセストレードのインタースペース(マザーズ)が咋年初来高値を更新して183,000円に達し(2013-01-18)、咋7月安値69,100円の2.65倍に及んだ。「アフィリエイト(成功報酬)型広告・アクセストレードを運営。業界大手。価格比較サイトも」と特色付けられ(会社四季報)、「パソコンと携帯端末のサービス一元化が奏功し、広告出稿増。スマホ経由のネット販売広告も続伸。メディア事業は、ソーシャルゲームなど後半にかけてのリリース本数増で採算改善。営業増益。連続増配」(同)と高評価されている。加えて、「アジアに展開し、メディア事業は恋愛ゲームを中心に積極開発。新規商品の投入を急ぐ。2012年8月に、上海に現地法人を設立。市場調査を経て、中国市場を足場としてインドネシアなどアジア展開に照準」(同)と、日本発コンテンツの海外展開という、従来政策に即し、経済再興の新政策に先駆けた志向である。

インタースペースは新春早々、「配信開始から12日目でのスピード達成! 女性向けシミュレーションゲーム、恋忍者 戦国絵巻、mixi版がmixiゲームランキングにて1位を獲得!」と発表したが、「全世界で約40万人以上のユーザーがプレイしたロングセラータイトル」として、その国際的高評価を、国内で更に広く(政官民)認識すべきである。
(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム