2012年11月19日月曜日

イビデン、百年史を経て強靭な先端基盤産業体質


イビデン、百年史を経て強靭な先端基盤産業体質

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT




創立百年、ICパッケージが主軸のイビデン(東名証1部)の上半期報告が届いた。売上高8381400万円で。前年同期比6.5%増だが、電子事業、セラミック事業、建材事業、建設事業 、その他事業のそれぞれについて主要な動向とその背景を見る(SANARI PATENT要約)。

1.     プリント配線板は、韓国・台湾企業との競争激化に伴い、販価が下落したが、スマホやタブレット向け受注が好調で売上増した。

2.     小型・薄型パッケージ基板は、スマホやタブレット向けに、新製品の量産化が順調に進み、受注が好調に推移した。

3.     高機能・多層パッケージ基板は、パソコン市場が引続き低迷したが、新世代品への切替が進み、前年同期並みの売上高となった。

4.     DPFDiesel Particulate Filter)は、主力の欧州乗用車市場が減速し、売上減した。

5.     触媒担体保持・シール材は、海外需要が弱含んだが、国内の自動車購入優遇措置により受注が底堅く推移した。

6.     特殊炭素製品は、太陽電池市場が世界的調整局面にあり、また半導体業界も振るわず、シリコン製造装置用部材の受注が低迷した。

7.     メラミン化粧板は、住宅着工数が持ち直し、売上高が微増した。

8.     住宅設備機器は、新規事業の拡販により売上高が微増した。

9.     法面工事部門は、防災関心が高まり、売上高が微増した。

10.  造園工事部門は、民間の大型工事案件がなく、売上高が微減した。

11.  合成樹脂加工部門は、国内自動車販売が持ち直しに向かい、発泡樹脂製品の需要が堅調で売上増した。農畜水産物加工部門は、乾燥食材の一時的需要増が終息し、売上減した。

佐成重範弁理士所見→岐阜県揖斐川水運で栄えた大垣が、維新後の鉄道輸送発達で衰微し、水力発電に頼って紡織、更には電気化学工業で頑張ってきた百年の歴史を、イビデンの名を見るごとに懐旧する。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム